【必見】座ったままで出来る「やる気スイッチ」をONにする19の方法!

今すぐに出来ること

とりあえず1分でも良いので、手を動かす

脳の側坐核という部分に刺激を受けると「やる気」が出ます。

側坐核を活発に働かせ、やる気を出す方法、それは、実際に行動することです。

つまりやる気を出す最大のコツは「ほんの少しでも良いので動く(何か作業する!)」ことです。

 

タイマーをかける

「少しだけの時間なら…」と思えるように、

自分で10分程度のタイマーをかけてやってみましょう。

自分にプレッシャーをかけることも、やる気を出す事に繋がります。

 

今できることをやる

今できることを考えて、やり始めればいいのです。

「とりあえず15分だけやろう」のように、時間を設定して始める。

「とりあえず1区切り(1頁/1問等)までやろう」のように、範囲を設定して始める。

調子にのったら、「もう少し続けよう」と続ければいいのです。

はじめに決めた時間や範囲が終わったら、

(休憩などをはさんでもいい)また次の交渉を自分にすればいいのです。

次ページへ続きます

関連記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.