【靴ひもが生んだ究極のフェアプレー】靴ひもを自分で結べないGKに気づいた相手選手が結んであげたら、KY審判にPK判定が下され・・・【動画】

【靴ひもが生んだ究極のフェアプレー】

靴ひもがほどけたGK。

グローブしていて自分で結べないから、気づいた相手選手が結んであげる。

 

この一連の行為に観客は大いに盛り上がるが、KY審判が「遅延行為」と見做し、相手にPKを与える不可解な判定をし、場内はブーイングの末不穏な空気に包まれる・・・

 

PKを与えられ、相手監督がキッカーに下した指示とは・・・?

 

感動の動画は次ページでご覧ください!

次ページへ続きます

関連記事