【悲劇】事故で両親を亡くしたお年頃の姪。施設でイジメられていた姪を25歳無職の俺が引き取り、一緒に寝てたら○○することに・・・Part2

11の時に、両親(父は俺の兄貴)を事故で失い、親族が25歳の俺一人になってしまった年頃の姪っ子13歳。

 

当時無職だった俺は、
メイを止む無く児童養護施設に預けるも、
「俺自身」のせいでイジメられるようになってしまったメイ。

 

俺は、もうすぐ中学生になるメイを、
その場の勢いに任せて引き取ることにしたんだ・・・

【悲劇】事故で両親を亡くしたお年頃の姪。施設でイジメられていた姪を25歳無職の俺が引き取り、一緒に寝てたら○○することに・・・Part1
【悲劇】事故で両親を亡くしたお年頃の姪。施設でイジメられていた姪を25歳無職の俺が引き取り、一緒に寝てたら○○することに・・・
※本編は、こちらの記事の続きになります。

勢いでメイを引き取る決心をした。
はいいが、状況は全くよくない。

最重要の金銭面は先に言った通りなんとかなるが、まずは住むところ。

6畳1間のボロアパート住まいで、2人で暮らせるようなトコではない。

そしてメイはあとひと月で中学生になる。
できればそれまでに新生活を始めさせてやりたいが時間がない。
もうバタバタだった・・・

 

そんな時に社長という名の救いの神はいた。

再就職や身元保証人になってもらったりと、何かと世話になっているK社長だ。

 

次ページへ続きます

関連記事